内部要素オンリーになってしまう

7-01

実はこのインフォシーク、外部リンク要素は検索結果のランク付けにほとんどなく、どれだけ本文中にキーワードが含められているかという単純なものだったのだ。上位に本命サイトを吊り上げる為の自作自演サイトなどは存在するかもしれないが、自演サイトまで上位表示しようとはよほどの無知な人間でなければ考えない。

検索エンジンからしてもこれは手頃事である。にも関わらず外部リンクを皆が集めるのは、そのサイトは切ては本物の生きたサイトだからである。

なぜなら、評価の対象から外部リンクを外すとなると、内部要素オンリーになってしまい、可能性としてスパムサイトが出てくると考えられるからだ。ページを一文字だけ変えてアップロドするだけで、フレッシュアイに関しては、簡単に上位表示ができるというお粗末なものであった。

結果、上位に表示されるサイトはほとんどが検索エンジンの検索結果には、がっちり作られたサイトで、下の方に埋もれているのは質が不可ものが多くなる可能性が高値。例えばリンクが現在のSEOはメインだが、リンクを集めるのは容易ではない。

確かにGoogleの技術はすごいが、内部要素オンリーにランキング評価をした場合、どこかに確かに落とし穴が生まれるものだ。キーワードを背景色と同じ色のフォントカラーで詰め込むスパムが横行し、数ページにわたり検索結果を独占する悪質な者も現れ、インフォシークは壊滅した。

最近あれこれ「コンテンツSEO」とか、「リンクしないSEO」というものがGoogleパンダやペンギン等の影響で、話題になる。今後もこれはおそらく踏襲され続けらると考えている。

当時でもYahooは別格であったが、ロボット型検索エンジンの代表はインフォシークだった。検索結果の表示順位を検索エンジンが決める要素に、今だに外部リンクの要素が健在だからである。

これらは順位付けには外部リンクは一切関係なく、上位表示が内部要素のみでできてしまうという、致命的な検索エンジンにとっては欠陥品だったのである。

セールスフォースやコンテンツSEOなどのビジネス戦略に着手しようと検討しているならベンチャーネットです。
直接的に収益の向上に繋がる最新のシステムを提案しています。

ベンチャーネットの最新情報
https://www.wantedly.com/companies/venture-net/info